本文へジャンプ

診療科のご案内

人工透析室

透析室説明

 部署名  人工透析室
 診療科  透析
 スタッフ数  医師2名、看護師21名、クラーク1名、補助員1名、臨床工学技士8名



診療内容等

慢性腎不全の腎代替療法(血液透析・腹膜透析)の導入から透析維持の対応を行っています。糖尿病等の複数の合併症を持つ患者さんに対応しています。透析患者さんの高齢化に伴い、ブラットアクセスや心不全の急性増悪による再入院が多くあります。また、持続的血液濾過透析、血液吸着、血漿交換など各種血液浄化療法にも対応できるように設備・体制を整えています。

その他の情報

柏崎総合医療センターの透析室は、1978年に開設され、柏崎・刈羽地域で唯一の透析施設として多くの患者さんの透析治療に携わってきました。現在ベッド数は52床あり、月・水・金曜日に3クール(午前・午後・夜間)、火・木・土曜日は2クール(午前・午後)の血液透析を行い、腹膜透析の患者さんを含め170名以上の患者さんが通院しています。