本文へジャンプ

診療科のご案内

褥瘡対策委員会

1) 委員会概要

褥瘡対策委員会は、当院における褥瘡予防対策を討議・検討し、その効率的な推進を図ることを目標に活動しています。当委員会は、皮膚・排泄ケア認定看護師を中心に、専任医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリテーション科、医事課、総務課の各分野から選出された委員で構成されています。委員会は毎月1回開催し、院内褥瘡発生の予防と褥瘡保有者の治癒・改善に努め、看護スタッフの褥瘡に関する知識・看護ケアの向上を図っています。

2) 業務内容

  • 褥瘡に関する院内教育企画への参加、褥瘡予防の実施、監視および指導に関すること
  • 企画された研修の担当
  • 各部署の褥瘡調査、マットレス運用状況
  • 褥瘡予防に関する情報収集と実施、指導に関すること
  • 症例検討

3) その他の情報

 予防活動の一環として、医療安全委員会、感染対策委員会と共同でリレーキャンペーンを行っています。「3する運動」と称し、安全「確認する」・感染「アルコール擦る」・そして褥瘡対策委員会は「背抜きする」をキャッチフレーズとし、3つの「する」を啓蒙しています。背上げ・背下げの後には必ず「背抜き」をするよう各部署で働きかけ、褥瘡予防に努めています。