平成27年度 柏崎総合医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 497 120 110 186 248 469 1018 1317 1383 425
 高齢化率が30%を超える柏崎市に立地する病院なので、高齢の入院患者さんが多いのは表にお示しした通りです。
 一方、当院は柏崎地域で唯一小児の入院を受け入れている施設ですので、小児の入院患者さんが多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 10 33.80 14.34 0.00% 69.00
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2-2あり - - 43.59 - -
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.85 - -
 血液内科では、白血病、リンパ腫、骨髄腫などの造血器腫瘍、骨髄異形成症候群、各種貧血、特発性血小板減少性紫斑病などの出血性疾患等の患者さんを診ています。
 化学療法が外来で行われるようになったこともあって、入院患者さんはそれほど多くはありませんが、必要な場合は2床の無菌室を有効利用して強力治療を行っています。
 DPCというシステム上、血液内科とはあまり関係なさそうな「肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎」の患者さんが第1位となっていますが、高齢者が多く、基礎疾患として血液疾患を抱え、免疫力が低下しているために、肺炎などを合併しやすいというのがその理由です。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 76 17.49 14.34 5.26% 76.32
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 40.49 21.69 12.73% 81.75
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 30 27.00 15.00 13.33% 75.97
 当院の呼吸器内科では肺炎の患者さんが最も多くなっています。また、基礎疾患や高齢による嚥下機能障害が原因の誤嚥性肺炎も多いです。地域柄高齢者が多く、高齢者ほど重症になることが多いため、また、高齢者は要介護者が多く自宅や施設への退院に社会サービスなどの調整が必要なため、当院の平均在院日数は長めになっています。近年、肺癌の抗癌剤治療も多くなっていますが、これも高齢化のため通院治療や一時退院ができず、入院期間が延びる傾向にあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 3.19 3.07 0.00% 65.60
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置2なし 副傷病なし 61 24.05 18.30 1.64% 84.34
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 13.27 13.26 3.33% 70.63
 循環器内科の最も多い症例は狭心症や心筋梗塞に対する心臓カテーテル治療のための入院、および治療前治療後の心臓カテーテル検査のための入院です。
 また症例数が2番目に多いのは心不全の治療となります。心不全患者さんの平均年齢は80歳を超え、後期高齢者の患者さんが多くなっていることがわかります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 50 9.02 9.20 0.00% 75.58
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 13.78 10.93 4.44% 80.47
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等なし 31 15.13 14.34 0.00% 77.16
 当科では早期の胃癌に対し内視鏡を用いて手術を行う粘膜下層剥離術(ESD)が最も多くなっています。健康診断や近医での検査で発見され、当院にて治療を行う患者さんも多く入院されています。
 次いで多いのは胆管結石や胆管炎の患者さんです。胆管に詰まった石を取り除いたり、黄疸や胆管炎を発症した際に、胆管にチューブを入れたりといった治療を、内視鏡を用いて行います。また、内視鏡が困難な場合は経皮的に行う場合もあります。
 3番目に多い肺炎ですが、消化器疾患の治療を行っている患者さんが肺炎を起こして入院となった場合、消化器内科の医師が継続して診療を行う為、当科でも症例数が多くなっています。
内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 85 16.65 15.35 0.00% 64.69
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 22 20.23 14.34 9.09% 73.91
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 22 19.50 12.60 0.00% 80.73
 内分泌・糖尿病内科入院で最も多いのは2型糖尿病の治療入院です。初発見の新患症例、当科外来または他院通院中で血糖の再コントロールの症例、合併症進行の症例など種々の患者さんがおられます。医師、看護師、薬剤師、栄養士、臨床検査技師などのチームで糖尿病患者さんへの教育、指導、合併症検査、治療に当たっています。
 次いで症例が多いのが「肺炎、急性気管支炎」と「腎臓または尿路感染症」です。糖尿病の通院患者さんが高齢化してきており、高齢のために抵抗力低下、誤嚥、排尿障害などが誘因となり呼吸器感染症、尿路感染症の入院が多くなったと思われます。
 他に入院数は多くはありませんが、1型糖尿病の急性発症の入院や副腎・下垂体などの内分泌疾患の検査、治療入院などもあります。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 33 16.24 14.34 0.00% 78.39
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 20.21 18.30 0.00% 82.36
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 24.32 21.69 0.00% 86.04
 腎臓内科では、慢性腎臓病の各ステージそれぞれにマッチした治療を行っています。腎疾患への診療はもちろんですが、これらの患者に合併した感染症にも対応しています。感染症の中でも呼吸器感染症が多い傾向があります。また、腎機能の低下に関わる心不全も多く認められます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 98 5.12 5.72 0.00% 2.78
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 5.37 6.31 0.00% 3.44
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 8.86 6.17 2.86% 0.00
 10数年前まで小児科はいわゆる小児喘息の入院が多かったものの、その後のLTRA内服や吸入ステロイドの普及により入院が激減しました。
 現在は乳幼児を中心としたRSウイルスまたはメタニューモウイルス感染に伴う入院が相対的に増加しております。
 また本年はマイコプラズマ感染症の流行年であり、同肺炎に伴う入院が多いのも特徴です。
 新生児関連では予見できる胎児重症症例は母体搬送が基本であり、重症の新生児疾患は多くなく、当院では入院管理を行うのは軽症の一過性多呼吸、多血症、軽度の低出生体重児がほとんどです。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 35 16.31 17.41 0.00% 71.57
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 26 5.00 6.72 0.00% 29.73
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術・処置等なし 副傷病なし 22 7.68 9.17 0.00% 66.36
 当院は、柏崎市の中核病院として外科的緊急に対応しています。そのため、虫垂炎・腸閉塞症・消化管先穿孔などの症例も少なくありません。虫垂炎は、可能であれば薬物にて治療し、炎症が落ち着いた時期に小さい手術創で腹腔鏡手術を行っています。緊急手術が必要と判断した場合は迅速に対応しております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置1等なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 22.75 15.80 1.89% 72.38
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 11.39 10.02 8.33% 75.86
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 35 48.14 18.08 2.86% 68.40
 脳神経外科では、脳血管疾患、頭部外傷、脳腫瘍など、脳疾患全般を対象としています。
 中でも脳の栄養血管が閉塞することによって起こる脳梗塞の患者さんが多くを占めています。心原性脳塞栓症では不整脈などにより形成された心内血栓が遊離して、血流に乗って脳血管に到達し、突然の閉塞を起こす病態で重症化しやすいですが、可能であれば積極的にtPAを使用し、症状の改善に努めています。障害を後遺した症例では、自宅退院を目指す症例では当院にある回復期病棟でリハビリテーションを継続します。自宅退院が困難な症例では慢性期病院への転院や施設入所を依頼しますが、柏崎市内にこのような症例を受け入れてくれる施設が少なく、待機により入院期間が延びてしまう傾向があります。
 地域の高齢化を反映して慢性硬膜下血腫手術例は多く、頭蓋・頭蓋内損傷手術ありが入院症例の第2位を占めています。
 
 ※自院平均在院日数には、回復期リハビリ病棟へ転棟後の入院日数も含まれています。脳神経外科単独入院の場合の平均在院日数は、1番目の脳梗塞症例が18.36日、3番目の脳梗塞症例が21.26日となります。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 130 3.60 6.17 0.00% 0.00
120140xxxxxxxx 流産 32 2.00 2.34 0.00% 32.38
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 12 8.50 20.87 8.33% 33.25
 産婦人科では分娩に関わる統計は含まないため、新生児の入院が一番多くなっています。
 これは一過性多呼吸や高ビリルビン血症など治療を要する場合のほか、早産や低出生体重児の管理、近年増えている妊娠糖尿病や甲状腺機能異常などの合併症妊婦から出生した児の管理を小児科と連携して行っているためです。
 次に多いのは流産です。残念ながら、妊娠の約10%は流産に終わります。喘息など合併症があり、近隣より紹介されてくる方もいます。
 次いで切迫早産の患者さんが多くなっています。入院期間が長くなったり、持続点滴や安静が必要になるので、患者さんの精神面のケアにも心がけています。症例により、NICU(新生児集中治療室)を有する病院と連携し、紹介転院となる場合もあります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 13 4.54 7.99 0.00% 68.38
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし 片眼 12 4.83 8.62 0.00% 59.00
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 11 3.09 11.08 0.00% 60.00
 眼科の入院は、ほとんどが手術目的の予定入院となります。最も多い症例は白内障で、全体の8割近くを占めていますが、白内障の入院は短期滞在手術等基本料3に該当し、DPC対象外となるため、今回の集計では除外されています。
 その他の症例としては、黄斑円孔や網膜前膜といった加齢に伴う疾患が多く、その次に糖尿病網膜症や網膜剥離などの網膜・硝子体疾患が多くなっています。これらの疾患は白内障とは異なり、放置することで失明の危険性がある重篤な疾患であり、緊急入院となるケースもあり、治療に力を入れています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折  人工骨頭挿入術 肩、股等 164 41.89 28.70 5.49% 85.32
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)  手術なし 副傷病なし 67 34.45 21.52 0.00% 81.18
160760xx97xx0x 前腕の骨折  手術あり 副傷病なし 51 5.75 5.70 0.00% 56.67
 主に急性期医療を担う病院であり、高齢者の骨折が多いため、当院の入院患者における診断群分類は、骨粗鬆症の三大骨折と言われる大腿骨近位部骨折、脊椎圧迫骨折、橈骨遠位端骨折、加えて上腕骨近位部骨折が多くなっています。大腿骨近位部骨折と脊椎圧迫骨折は回復までにリハビリを要します。当院は回復期リハビリ病棟があり、リハビリを含めたトータルな術後管理を行っているため全国平均よりも入院期間が長くなる傾向があります。

 ※自院平均在院日数には、回復期リハビリ病棟へ転棟後の入院日数も含まれています。整形外科単独入院の場合の平均在院日数は、1番目の股関節大腿近位骨折症例が23.84日、2番目の胸椎、腰椎以下骨折損傷症例が23.24日となります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx040x0x 上部尿路疾患  体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 45 2.47 2.89 0.00% 53.44
110070xx0200xx 膀胱腫瘍  膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 40 7.85 7.59 2.50% 73.20
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 37 11.62 10.25 0.00% 73.03
 上記3疾患は泌尿器科ではどの施設でも多い。当院でも標準的治療が行われ、順調に退院されている。いずれも低侵襲な手術である。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 56 14 20 32 - 34 1 7
大腸癌 29 22 25 17 15 24 1 7
乳癌 20 10 - - - 14 1 7
肺癌 - - 15 31 - 63 1 7
肝癌 - - - - - 30 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 癌の治療は早期発見・早期治療が原則ですので、StageⅠとⅡの患者さんが比較的多くなっています。ただし肺癌は呼吸器外科の常勤医がおらず、当院での手術が出来ないため、StageⅠの患者さんはおりません。
 癌が進行した場合には治すことは難しくなりますが、それでもそれぞれの患者さんの状況に合わせて可能な対応を行っています。
 当院においては、都会の癌専門病院のように、進行癌だから、あるいは再発したからよその病院へ、というような対応は、決していたしません。地域の病院として、地域の皆様とともに、皆様に満足していただけるような対応を心がけています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 24 12.63 53.38
重症度 1 72 18.78 79.83
重症度 2 42 22.19 82.88
重症度 3 43 22.67 81.86
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 - - -
 市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことを言います。
 重症度0は平均年齢は50歳代と若く、年齢が上がるにつれて重症度が上がっています。また、重症度3までは重症になるにつれて平均在院日数が延びています。肺炎は重症になると死亡率も上昇していくため、重症度4、5では逆に平均在院日数が減少しています。
 成人市中肺炎ガイドラインでは、軽症の患者さんは外来治療となっています。しかし実際は基礎疾患がある患者さんは重症化する可能性があり、その場合は軽症でも入院して治療を行っています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 142 48.50 75.90 12.84%
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
 脳梗塞の症例は概ね3日以内に搬送され、すぐに入院治療が開始されます。
 自宅退院を目指せる症例はほとんど当院内にある回復期病棟へ転科・転棟しリハビリテーションを継続するため、転院率は高くありません。
 自宅退院を目指せない症例では老人保健施設や慢性期病棟を有する病院への転院をしていただきますが、バックアップしていただける病院・施設が少なく、転院・入所までの時間がかかる場合が多く、平均在院日数が長くなる傾向があります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 43 3.79 5.58 0.00% 69.77
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 17 2.24 12.65 5.88% 73.71
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 15 7.67 12.67 6.67% 81.40
 循環器内科では虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術という心臓カテーテル治療の症例数が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や脚の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。即日入院して緊急に行う場合や、検査から日数を空けて行う場合、検査して一旦退院してから再入院して行う場合など患者さんの状況に合わせて様々なタイミングで手術が行われます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 52 1.15 7.88 0.00% 75.79
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 38 1.79 15.76 2.63% 82.42
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 22 2.73 10.55 0.00% 70.36
 早期胃癌に対する粘膜下層剥離術(ESD)の症例が最も多くなっています。これは早期段階のがんを内視鏡を用いて切除する方法です。また当院では、胃癌のみでなく、食道や大腸の早期がんに対してもESDを行っています。
 内視鏡的胆道ステント留置術は胆石や腫瘍などの要因により胆管が狭くなり、黄疸や胆管炎を発症した際に、内視鏡を用いて胆管にチューブを留置し、胆汁の流れを良くする手術です。
 選択的動脈化学塞栓術(TACE)は肝臓癌に対する治療で、カテーテルという細い管を足の付け根の大腿動脈から挿入し、肝臓内の腫瘍を栄養する動脈に抗癌剤を注入、さらに塞栓物質を詰めることで癌を栄養する血流を遮断し、がんを壊死させる治療法です。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 20 15.45 21.45 0.00% 69.30
K6146 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) - - - - -
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
 腎臓内科が関係する手術では、自己血管を用いる内シャント設置術が最も多く、次いで人工血管移植となっています。ここ数年、拡張バルーンを用いた拡張術も増えてきています。今後新たな血液透析導入や修復のための上位2手術が一定数あり、拡張術は現行のシャント温存からも増えていくと思われます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 41 1.24 2.95 0.00% 67.12
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 25 5.20 10.40 0.00% 71.76
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 4.25 6.15 0.00% 56.50
 当院では一般外科としての治療を行っておりますので対象症例は様々です。予定手術は、検討会にて複数医師の目で検討し適格な治療を心掛けています。手術数は、ヘルニア・大腸がん・胆石症・乳がん・胃がんの順ですが、時代の変化とともにその順番は変わります。腹腔鏡手術は、適応のある疾患に積極的に導入し手術全体に占める割合は約3分の1になりました。疾患別や腹腔鏡手術数の推移につきましてはホームページにて紹介していますのでご覧ください。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 33 1.91 9.85 9.09% 77.97
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 53.60 38.00 40.00% 86.00
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
 脳神経外科では、脳血管疾患、頭部外傷、脳腫瘍など、脳疾患全般を対象とし、脳動脈瘤クリッピングや脳腫瘍摘出術なども施行していますが、地域の高齢化を反映して、慢性硬膜下血腫穿頭洗浄術が最も多くなっています。
 また、重症脳血管疾患、反復する脳血管疾患の症例などで経口摂取ができなくなった場合には、経鼻胃管からの経管栄養では受け入れてくれる施設がほとんどなく、施設入所のためやむを得ず胃瘻を増設する症例が少なからずあります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 30 0.93 0.07 0.00% 32.23
K877 子宮全摘術 12 1.25 10.25 0.00% 47.83
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) - - - - -
 帝王切開を除くため、妊娠11週までの流産手術が最も多くなっています。合併症があるなどリスクが高い患者さんでも、麻酔科と協力して安全に行っています。原則1泊2日入院です。
 次いで、子宮全摘術です。40代から50代の患者さんが多いのですが、子宮筋腫、子宮腺筋症などの良性腫瘍のほか、子宮頚部異形成や子宮内膜増殖症の方もいます。悪性腫瘍の場合、手術と化学療法など組み合わせることが多く、専門病院へ紹介するケースが多いです。
 子宮付属器腫瘍摘出術は卵巣腫瘍で行うほか、子宮全摘術に伴い行う例もあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 205 0.99 2.06 0.00% 77.73
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 47 0.85 2.51 0.00% 62.32
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) - - - - -
 眼科では、白内障に対する手術である水晶体再建術が全体の約8割を占めます。また、患者さんの希望によっては、入院せずに外来で白内障手術を行う日帰り手術も施行しています。白内障手術を入院で行う場合、当院では月曜日入院で3泊4日と、水曜日入院で2泊3日とに分かれており、片目ずつ、1ヶ月の中で両目を手術される患者さんがほとんどです。 
 次に挙げられるのが、硝子体顕微鏡下離断術で、網膜前膜や糖尿病網膜症、網膜剥離などの網膜・硝子体疾患に対する手術です。また、患者さんの状態によっては、上記の白内障手術と硝子体手術を同時に行うケースも多くあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨・上腕・大腿) 140 0.75 38.29 5.00% 83.39
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿・手舟状骨) 75 1.20 18.56 0.00% 59.17
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕・下腿) 63 0.71 2.32 0.00% 61.71
 骨粗鬆症をベースとする高齢者の骨折に対する手術、加えて年齢を問わず外傷に対する骨折の手術が手術件数の上位になっています。
 大腿骨近位部骨折に対しては人工骨頭挿入術、髄内釘などを用いる観血的骨折手術、橈骨遠位端骨折に対するプレート固定手術などが多く、また、その抜釘(骨内異物除去術)は骨折の手術が多い分だけ必然的に多くなります。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 47 0.79 1.74 0.00% 54.04
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 44 2.02 8.48 0.00% 74.09
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 39 1.92 6.62 2.56% 73.15
 経尿道的前立腺手術は、前立腺肥大症に対して行うことが多く、今回の集計では37例であったが、前立腺がんによる排尿困難に対しても行っており(7例)、合計44例となっている。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 22 0.38%
180010 敗血症 同一 - -
異なる 11 0.19%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 51 0.88%
異なる - -
 DICというのは播種性血管内凝固症候群のことで、本来は血管内では固まらないはずの血液が、何らかの理由で全身の血管内で固まりやすくなってしまい、そのために血管の内腔をふさいで血流を障害する、一方あちこちで血が固まるために血小板や血液凝固因子が消費されて減少し、出血しやすくなる、という非常に重篤な病態です。必ず基礎疾患が存在し、患者さんの病状が悪化していることを示します。
 DICという診断がつく患者さんが多い場合は、それだけ重症の方が入院しているということに他なりません。

 敗血症というのは血液中に細菌が入り込んで発熱などの症状を呈する病態で、血圧が下がって命にかかわる場合もある重篤な病態です。抗がん剤治療などで身体の防衛に必要な白血球が減ったときに起こりやすいので、重症の患者さんが入院していることを示唆します。

 真菌症をいうのは真菌(カビの一種です。)による感染症です。タムシ、ミズムシなどの表在性真菌症は入院の対象とはなりませんが、肺真菌症とか真菌血症など深在性真菌症は入院治療が必要です。免疫力が低下した方に起こりやすい感染症です。

 手術・術後の感染症がいくつか記載されています。このようなことが起こらないよう細心の注意を払っているのですが、ゼロにはできません。
 手術に当たっては、患者さんに事前にリスクについて十分説明し、理解していただくよう努めています。
更新履歴
2016/09/28
「平成27年度 病院指標」掲載いたしました。