本文へジャンプ
  • ホーム >
  • 反社会的勢力に対する基本方針

柏崎総合医療センター 院内感染対策指針

柏崎総合医療センターにおける院内感染管理を推進するため、本指針を定める。

  1. 院内感染に対する基本的な考え方
     患者および病院従業者を守るため、院内感染の発生に留意し、感染発生時にはその原因を速やかに特定、制圧、終息をはかり感染拡大防止に努めることを責務と考える。感染予防策および発生時対応を全病院従業者が把握し、この指針に則した医療を患者に提供するべく全力で取り組む。
  2. 組織と体制
    感染管理を推進するために、以下の組織を設置する。
    (1)院内感染対策委員会
    柏崎総合医療センターで定める「院内感染対策委員会規定」に基づき、各部門代表を構成員とする院内感染対策委員会を設置し、毎月1回定期的に会議を開催し、院内感染対策を行う。緊急時は臨時に同委員会を開催する。
    (2)院内感染対策部門感染制御チーム  
    医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師を構成員とする感染制御チームを設置し、感染防止対策の実務を行う。特に集団感染発生の早期発見と対策の実行・評価を行うと共に定期的に院内ラウンドすることにより、リスク事例の把握、評価、対策、指導を行う。
    (3)看護部感染対策委員会
    各部署の看護師の代表で組織され、院内感染対策委員会で院内統一した決定事項の周知徹底、現場での指導、教育にあたる。また日常業務の中から、より安全かつ効果的な感染予防対策の提案及び検討を行う。
  3. 院内感染対策のための従業者に対する研修に関する基本方針
    院内感染対策の基本的な考え方及び具体的な方策について病院従業者に周知徹底を図ることを目的に、研修を年2回実施する。
  4. 感染症の発生状況の報告に関する基本方針
    院内感染の発生予防及び蔓延の防止を図るため、検査科は院内の感染症発生状況「感染情報レポート」を週1回毎に作成し、稟議により情報を伝達する。また、月毎の感染症発生状況「感染情報レポート」を院内感染対策委員会に報告する。
  5. 院内感染発生時の対応に関する基本方針
    重大な感染患者発生時には、担当医・発生部署責任者・細菌担当の臨床検査技師から院内感染対策委員長・看護部長に報告を行い、対策を講じる。
  6. 患者等に対する当該指針の閲覧に関する基本方針
    本指針は、病院ホームページに掲載するほか、正面玄関ホールに掲示するなど、広く一般に公開し、患者または家族が閲覧できるものとする。
  7. 院内感染対策推進に関する基本方針
    「院内感染マニュアル」を整備し、病院従業員への周知徹底を図り、感染対策を実施する。また、院内感染マニュアルの定期的な見直しを行う。

平成23年9月8日 初版
平成24年5月1日 改訂
平成26年4月1日 改訂
平成27年4月1日 改訂

柏崎総合医療センター