看護部より

看護部長に聞く

池田眞由美

池田眞由美 看護部長

「看護をしたい」
皆さんのその気持ちを大切に支えていきます

当院は急性期病院ではありますが、アットホームな人間関係の良さが魅力です。看護師同士だけでなく、医師や、各部署が連携し、病院全体で協力して患者さんを支えています。これは当院の強みです。長期的にはPNS を導入して、スタッフがお互いに認め合い、支え合いながら働ける職場をよりいっそう目指していきたいと思っています。スキルや知識は入職してからいくらでも磨けます。「看護師をしたい!」と思う気持ちでじゅうぶん。挨拶や感謝の言葉を通じて、素直に自分の気持ちを伝えられる人を歓迎します。皆さんと長く一緒に働けるように、私たちが支えていきます。ぜひ、当院へお越し下さいね。

看護部理念

私たちは、患者さんの立場に立ち、思いやりのある看護を提供します。

看護部方針

1.自分で考え、行動できる人材育成

看護者の倫理綱領に基づき、専門職として意識と行動ができる人、
社会人医療職員としてのマナーを身につけ、患者・家族への対応を行う職員。
知識に基づく正しい判断、正しい技術が実践できる人、
専門職として能力を高め実践できる人材を育成する。

2.安心・安全な看護サービスを提供できる

患者・家族の気持ちに寄り添い、適切な医療・療養上の世話を提供する。
職員もここで働きたいと思える(やりがい感を実感できる)職場・病院にする。
看護師としての特性を出して、患者さんから選ばれる病院になるマグネットホスピタルとする。

3.経営に参画し、病院組織の一員としての役割を遂行する

各自が時間管理を行い、自分の役割を認識して提案や行動することにより、
職場・病院の活性化につなげる。

看護体制

病床数
400 床(一般355 床、回復期:45 床)
入院基本料
一般7:1、回復期15:1
看護単位(病棟の単位)
8 単位
看護方式
固定チームナーシング
勤務体制
3 交替(回復期は2 交替制)