本文へジャンプ

診療科のご案内

腎臓内科

1)スタッフ

長谷川 伸
役職:内科部長
卒業年度:昭和62年
資格:日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本腎臓学会腎臓専門医、日本透析医学会透析専門医、ICD制度協議会認定感染制御医、
日本医師会認定認定産業医

藤村 健夫
役職:内科部長
卒業年度:平成13年
資格:日本内科学会認定内科医、心療内科専門医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定産業医

2)診療内容、成績および今後の展望

  • 高血圧・腎臓・透析外来診察状況

高血圧症および腎臓病(腎炎由来の腎臓病のほか、他疾患(糖尿病・賿原病等)からの腎障害)の程度に応じた治療を中心に診療を行っています。特に蛋白尿には注意が必要でもし認められた場合、他に合併する疾患がない時は、糸球体腎炎の存在が強く疑われます。しかし自覚症状がないため放置されやすく、自覚症状を感じたときはすでに大幅に腎機能が低下していることがほとんどです。よって自覚症状がなくても検尿異常があるときは必ず医療機関を受診されることをお勧めします。最近は糖尿病の合併症の1つである糖尿病性腎症が多いのですが、当科に紹介されてくる時点ではすでに腎機能が大幅に低下していることがほとんどです。糖尿病の明らかな合併症が認められない初期の段階で、尿中微量アルブミンの測定を行うことが腎障害をおこさせないためにも重要であり、もし陽性と判断された場合は、この時期に糖のコントロールを厳密に行うことが大切で、そこを怠ると不可逆的腎障害をおこし腎不全状態に進んでしまいます。また、腎不全状態が進んで機能が廃絶した場合は、透析治療が必要となります。当院は、柏崎・刈羽地区唯一の透析施設(52床)をもち透析導入および維持血液透析・腹膜透析を含む幅広い血液浄化治療法も行っています。

  • 診察実績

透析治療においての臨床研究も数多く行っており学会・論文発表をしております。なかでも第52回日本透析医学会学術総会(2007年)では、学会発表「ダイアライザー膜素材が栄養状態の改善に及ぼす影響」にて臨床工学士の佐藤舞子がゴールデンリボン賞を受賞しました。

  • 透析医療における大規模災害対策と実績

また大規模地震災害(新潟県中越・中越沖地震)を2度透析施行中に経験し、透析施設として被災・支援側の両者を経験した施設として、その被災経験から今後の透析医療の災害対策のあり方に関して、講演および著書による啓蒙活動にも重点をおいております。第57回日本農村医学会学術総会(2008年)では、学会発表「大規模地震災害が血液透析患者に与える影響 各種血液生化学的マーカーの変動および臨床症状について」にて看護師の土田恵美子が優秀賞を受賞しました。さらに2010年の第59回日本農村医学会学術総会では同論文にて日本農村医学会研究奨励賞も受賞しました。

  • 透析治療を担うスタッフへの教育指導状況

特に透析治療は医師、看護師、臨床工学士のチームワークが重要であるため、全体のチームの力の向上、すなわち診療技術力の向上に直結する研究、論文発表および学会活動も積極的に行っております。特にコメディカルスタッフ(看護師、臨床工学士)のスキルアップに重点をおき、彼らが学会で発表する機会も増やしています。上記の各受賞はその成果だと信じています。尚、当科の学会発表および論文発表の詳細に関しては、柏崎総合医療センター病院誌をご覧ください。

  • 当科における今後の展望

今後は、腎臓病の診察・治療に加えて予防の観点からも、近年増加している慢性腎臓病対策として、高血圧症、高脂血症、糖尿病、心臓病、総脈硬化症、貧血、メタボリック症候群との関連についても市民の方々にも関心を持っていただくための啓発活動にも積極的に取り組んでいく予定です。

3)診療認定

日本腎臓学会認定研修施設、日本透析医学会教育関連施設

4)外来スケジュール

外来診療担当医一覧をご確認ください。

5)お知らせ

腎臓と透析

定期的に情報発信をしていきます。