本文へジャンプ

診療科のご案内

病院安全管理委員会

1) 委員会概要

柏崎総合医療センターは、患者さんとご家族の信頼に応えるため、安全・安心な医療を提供できるシステムづくり(医療安全管理体制の構築)にスタッフ全員が協力して取り組んでいます。

2) 業務内容

医療事故を防止し、安全で信頼される医療を提供できる医療安全管理体制を築くために、委員会及び部門を設置しています。副院長を病院安全管理委員長とする「病院安全管理委員会」を毎月1回定期的に開催し(必要に応じて臨時会を開催)医療事故防止対策等の医療安全管理全般にかかる重要事項を審議します。病院安全管理委員会の決定事項の施行及び徹底は、医療安全管理者・医療安全推進担当者で組織する「医療安全管理対策委員会」が中心的役割を担います。また、医薬品及び医療機器に係る安全確保のため、「医薬品安全管理者」並びに「医療機器安全管理責任者」を配置しています。
万一、医療事故が発生した場合には、最善の処置を行うことはもとより、速やかに病院長を中心とした医療事故調査委員会で事実関係の調査や検討を行います。
医療安全の推進のため、医療安全管理に関するマニュアルの整備と周知及び広報活動を行っています。
医療安全管理に関する意識及び医療の質の向上を図るため、全職員対象の医療安全に関する研修会を年2回以上開催しています。

3) その他の情報

特にありません。